福岡市で東洋占術と運勢変転の流れを学べる


 占いスクール 
聖山(せいざん)

 ○占い講座(四柱推命・易経・手相・気学)
 ○運命鑑定・運勢判断・結婚運・人間関係などの占い相談
 

                               
                                 〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋

092-408-7114

ホーム »  占いの歴史

福岡の占いスクール聖山で学ぶ
占い(四柱推命、、易占い)の歴史

占いは数千年以上も前から行われ、世界中の人々から親しまれてきました。日本における占いの歴史も古く、様々な場面において占いが用いられてきました。

福岡の占いスクールが教える占いの起源

東洋占術のルーツは「易」というものであり、中国で生まれました。
少なくとも約3000年以上の歴史があるとされ、世界で最も古い占いのひとつとされています。

易占いは、古代に行われていた卜占(ぼくせん)で用いられていた亀甲が入手しにくかったことから、メドという多年草の茎を用いる方法が編み出されて誕生した占術です。

そして、時代とともに草の茎が竹となった、「筮竹」を使用して行われるようになりました。筮竹を使用した易占いは、筮竹によって出された数字により、答えを導き出していきます。

福岡の占いスクールが教える日本における易占いについて

日本では古来より、石が神や霊のいれものだと考えられてきたように、木々や石、大地など自然を信仰する慣わしが多く存在していました。

しかし、天武天皇の時代には、中国から飛来した五経をもとにして五行易による占いを取り入れるようになったと言われています。

天武天皇は易占いとして式盤とよばれるものを使用していたようです。
式盤は天界を表す円盤と地上を表す方盤を重ね合わせて回転させ、盤上に刻まれた神名と星、干支などの目盛りを照らし合わせてそこに現れた象を霊感によって解析します。

天武天皇は、この占いを国づくりのために利用したと言われています。

このように占いの歴史は大変古く、また、その陰で占い師の存在は非常に大きいものでした。その時代の権力者に仕え、政治や法律、年中行事などでアドバイスを行っていたのです。

そんな占い師の仕事に興味をお持ちの方、占い自体に興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

福岡占いスクールである「聖山」では、九星気学四柱推命、易占いやタロット占いなど様々な種類の占いの講習を行っています。占い師として独立するためには占いスクールで、確かなスキルを身につけることが大切です。

福岡にて占いスクールをお探しの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

会社名占い塾「聖山」
住所〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋3丁目29-10-101
電話番号092-408-7114
URLhttp://www.seizanheya.jp/14452234615084

お問合せはこちら

「受講の件」「占い相談の件」どちらについてのお問い合わせかを記入お願いします。

お問合せは、まずはメールにて、お願いします。

「受講の件」「占い相談の件」どちらについてのお問い合わせかを記入お願いします。

まずは、お気軽にご連絡ください。

 

福岡で易経を中心に運勢鑑定を行ってる聖山マサシ

占名を聖山とし 福岡の地で、四柱推命を中心とした教室を主宰すると共に、進路・恋愛などの相談をお受けしています          

   お問合せはこちら

「受講の件」「占い相談の件」どちらについてのお問い合わせかを記入お願いします。お問合せは、まずはメールにてお願いします。

お問合せは、まずはメールにて、お願いします。
「受講の件」「占い相談の件」どちらについてのお問い合わせかを記入お願いします。 お気軽にご連絡ください。